サイト売買の今後の動向

サイト売買の活発化

年々増え続けるウェブサイトやECサイトですが、ウェブサイトの買収が増え始めたのが2000年の前半です。2005年頃からはウェブサイトを専門としたM&Aサイトも立ち上がり、現在、そのようなサイト売買仲介サイトは大小合わせると30社以上あると言われています。 注目すべき点は、ウェブサイトが資産として評価されるようになり、ウェブサイトを担保に融資を受けられる流れが出来つつあるという事です。 今後この数年で、ウェブサイトの売買に関する評価基準などが整備され、より取引は活性化すると予想されます。

サイト売買の未来

企業買収と同じように、今後は企業の買収だけでなく企業のウェブサイト部門を譲渡する動きが多くなってきます。 サイト売買においては、売主様は赤字部門を切り離すことにより人員コスト削減、本来の業務に集中できるなどのメリットは計り知れないものがあります。 しかしながら今後、課題となってくるのが譲渡後の買主様の運営方法です。 当然ながらメリットがあると見込んで購入しても、運営方法やさらならキャッシュポイントを作れず失敗する例があります。それを防ぐ為には売主が一定期間の運営のコンサルティングを行ったり、質の高いサポートが必要となってくると思われます。 サイト売買の未来は売主様、買主様の双方のメリットがより生かされる形でなければ未来はありません。