高値で取引されるサイトの条件


ウェブサイトを販売する場合において、いくつか高値で取引される基準がございます。 売主様は高額な製作費を少しでも取り戻したい気持ちがあると思いますが、一度、自社サイトを客観的な目でみて判断してみてはいかがでしょうか? 以下のような条件が揃っているほどサイトの評価は高くなり、買主様からは魅力的に思ってもらえますので、高額で取引される可能性が高まります。

毎月安定した利益が発生している

ビジネスにおいて利益は最大のポイントと言っても良いでしょう。買主様も投資した金額が何ヶ月、何年で回収できるか、この部分をシビアに見ています。安定した利益はサイト売買にはたいへん重要なポイントです。

毎月のランニングコストが低い

どのような方法でアクセスを集めているのか?広告なのか?リスティング広告なのか、毎月のランニングコストが高いサイトは収益性が乏しいと判断されてしまいます。

アクセス数(顧客リスト保有数)

1日にどれ位アクセスがあるのか、これはサイトを見極める中でも大切です。ECサイトであれば過去の購買客リストは何人いるか?これも多いほどサイトの評価価値が高まります。

検索順位が上位のサイト

サイトのメインキーワードで上位表示をしているかは重要な問題です。ナチュラル検索で上位表示されているようであれば、広告費の削減につながります。

グーグルページランク

こちらはグーグルが独自にサイトを判定してランク付けをしているものですが、高いほど有利に働きます。

サイトのコンテンツ

サイトの内容はしっかりしているか?運営期間が長いのにページ数が少ない、内容が充実していないサイトでは評価が下がってしまいます。

運営期間

初年度から定期的に更新がされてきたのかどうか?立ち上げ後から更新されなかったサイトは評価が低くなります。当然、毎日コツコツ手入れをしていたサイトは評価が高くなります。

買主様にとって充分メリットがあるサイト

既存のサイトや事業との相乗効果が見込めたり、顧客の属性が合っていてリスポンスが高いと思われる場合は、サイト自体の売上金額は低くても買主様にとっては大いに利用価値が生まれる場合があります。

人員は少なく運営できる(時間がかからない)

買主様にとって、新たに人員を導入しなければならないのはコスト増につながります。なるべく短い時間で簡単に少人数で運営できるかがポイントです。

カテゴリ登録されている

ヤフーカテゴリーや、クロスレコメンドなど、大手ポータルサイトからのリンクが張られている場合にはSEO的に有利に働きますので評価が高いです。

市場の人気サイト

その分野において市場を独占しているなど、将来性を見込まれたり、他サイトに比べて有利な点をアピールできれば評価が高くなります。

プログラムが導入されているサイト

ウェブサイトのプログラムは製作期間に時間がかかり、高額になる場合があります。買主様は時間の短縮を求めている場合はサイトの収益は少なくてもプログラムが高評価を受ける場合があります。